2017・夏 ~パンダ編~

今、我が家でブームになっているもの。

それは「パンダ」。

レッサーじゃなくて、白と黒のジャイアントの方です🐼

きっかけは春に放送したテレビのドキュメンタリー番組でした。

和歌山のアドベンチャーワールドでの取り組みや、子育て中の母パンダの母性に感動し、赤ちゃんパンダの可愛さにメロメロになりました。

それからはパンダについてネットで調べたり、本を読んだり・・・。

娘のカノンにいたっては、ピアノの練習をしていたら鍵盤がパンダに見えてきた!という始末。

白と黒に反応し過ぎでしょ(^^ゞ

そんな中、6月には上野動物園に赤ちゃんパンダが誕生!

赤ちゃんパンダの新聞記事をせっせと切り抜き、大切に保管しました。

今年のカノンの夏の自由研究は、もうこの時点で「パンダ」と決まっていました(*^^*)

じゃ、連れてってやらないと、ね!(^^)/

そして夏休み、まだ赤ちゃんパンダには会えませんが、日本で一番先にパンダがやってきた、歴史ある上野動物園へ行ってきました。

東京は雨続き・・・。

日程は、パパパンダ「リーリー」のお誕生日を選びました。

         「リーリー、12歳のお誕生日おめでとう!」

ずっと会いたかったパンダが、ガラス越しではありますが数メートル先にいる!という感動!

カノンは雨の中、ずーっとリーリーを見ていました(*^^*)

そして一言。

「か、可愛い♡♡♡・・・でも、なんか、中に人が入ってるみたい・・・」

そうなんです!

パンダの動作を見ていると時々、着ぐるみか?!と錯覚することがあって、それもパンダの魅力の一つだと思うのです(*^^*)

何時間見ていても、飽きないんですよ(^^ゞ

カノンの夏休みの自由研究、無事、提出できました!

パンダについて、今まで知らなかったことがたくさんあったようです。

今、日本にいるパンダは全部、中国からのレンタルだということ。

日本で生まれた赤ちゃんパンダも、数年後には中国に返さなくてはいけないこと・・・。

始めは「日本で生まれたのに、寂しいよ」と言っていましたが、自由研究のまとめには「繁殖が難しいパンダを国境を越え協力して育てています。パンダは日本のものでも中国だけのものでもありません。みんなを癒すパンダは地球の宝です」と書いてありました。

年明けには上野動物園の赤ちゃんパンダが公開されるようです。

このまま順調にスクスクと育ちますように☆彡

アーカイブ
カテゴリー
タグから検索