良い練習。続きのレッスン。

今日は「練習」について。

大人の生徒さんほど練習する時間の確保が難しいです。

仕事に家事、育児・・・、忙しくない日なんてありませんもの(>_<)

そんな大人の生徒さんには、ピアノに向かえる時間が限られているからこそ、家庭練習の内容を具体的に伝えるようにしています。

「この曲を練習してきてください」ではなくて「この曲のこの部分を〇○に気を付けて練習してきてください」というように、その日のレッスンで出来るようになったことや、あと少しで出来そうなことを具体的に宿題に出しています。

大事なのは、レッスンを思い出して練習すること。(これは子どもたちも大事だよ~)

4小節だけ、右手だけでも良いのです。

1曲を5回通して弾くよりも、前回のレッスンを思い出し限られた部分だけを練習をした方が、確実に上達します。

そうすると次のレッスンは前回の続きのレッスンが出来ます。

良い練習が出来ていないと、毎回同じレッスンが続きます。

これはお互い、つらいですね~(^^ゞ

無理はしなくて良いのです。

お忙しい大人の方、1週間まったくピアノに触れられない時もあるでしょう。

そんな時はピアノを弾けなくても、前回のレッスン内容を覚えていてください。

せめて教室の玄関からレッスン室までの階段を上がってくる間に、思い出してください(^^)

どうぞ、何度も口に出してきた言葉を、いつまでも新鮮な表情で聞かないように(^_-)-☆

練習なくして気持ちよく演奏することは出来ません。

これがピアノの難しいところです。

弾けるようになるまでの過程を、もっと楽しむ覚悟を!

とことんお付き合いしますから(*^^*)

アーカイブ
カテゴリー
タグから検索